FEMALE FIGHT FAN
ブログログ 2005年度後期
2006年03月27日

お引越し

ドタバタ騒ぎをやってる間に本館のリンク整理が途上だったことを忘れてました。

http://chipsbar.com/oil%20wrestling.htm
http://www.imwetnwild.com/gallery2004/JanMud.html
http://www.gordonlam.us/
本館からこちらへ移記しました。

まだいろいろURL情報がたまっているのですが、ぼちぼちご紹介して行こうと思います。

追伸
昨日、本館に3,000人のお客様をお迎えすることが出来たようです。
旧サイトのピークが7,000人だった事を考えると、ひたすら感謝感謝です。
お心遣いを頂いた方々に改めて御礼申し上げます。

タッキーには負けない・・・失敬、法を超えてしまいました。
 
2006年03月26日

本館再開

五里霧中のまま見切り発車しました。

新URL
http://www.femfight2006jp.com/

リンクを変更いただけましたら幸甚に存じます。
本来なればメールにて御各位にお伝えすべきところ、当方も混乱の収拾途上なれば、本件御承引賜りますよう心よりお願い申し上げます。

ちなみに
http://www.femfight2000jp.net/
はもう既に第三者に取得されておりました。生き馬の目を抜く世界です。

そういうこともあり、もし新サイトにおいても同様のトラブルが発生すれば、現行規模でのサイト運用は終局させるつもりです。
 
2006年03月14日

近況報告

ご心配をいただいているかもしれないので、少し中間報告を。

サーバー会社へ数度にわたり問い合わせするも一切応答無し。
いろいろウェブ検索してみると、この手のトラブルは頻発しているみたいです。
有料サービスの有無にかかわらずアカウントの突然の抹消は日常茶飯事の様子。

サービス規約の中に、
「サーバー会社は通知無しでアカウントを停止する権利を留保する」
という一文があり、責任、原因の所在の如何にかかわらず、サーバー会社が実質的に自己の裁量でアカウントを閉鎖してるみたい。
甚大なる損害賠償を被る懸念のある事案を除き、機械的にルーティンワークをこなしているんじゃないかな。

でも原因は何だろう? それだけは知りたいんだけど。
メルアドが迷惑メールに悪用されてることかな。でも数年前からのことだし、私にとっては不可抗力の事項だし。

いずれにしろ新たなドメインを取得する必要がありそうで、慎重に検討しつつ、推移を見守る所存です。
 
2006年03月09日

お知らせ

本館が大変なことになっています。
アカウントおよびデータ一式が抹消された状態。

要因がいまだ不確定なので詳細は説明できませんが、さまざまなケースを想定すると、私の過失、サーバー会社の技術的ミスの如何を問わず、最悪の場合「永久のお別れ」になるかもしれません。

というわけで当面、別館での活動も行わないつもりです。
グダグタ能書きたれてる場合でも無いんで・・・
 
2006年03月08日

芸能人の株価

連日不毛な暴走を続けているので、ちょっと休憩。
キャットファイトとはぜんぜん関係ありません。

http://vtrade.jp/
芸能人の株価を独自の基準で算定しているサイト。
いつどこで見つけたのかは忘却のかなた。

追伸
「キャットファイトとはぜんぜん関係ありません」というフレーズを弊ブログ内では頻繁に使うのだが、「キャットファイト」というキーワードでブログ検索に百発百中するのは何故?
 
2006年03月07日

とある海外のビデオ

よーく聞け!!
キャットファイトファンてのは、汗水流して稼いだ金をキャットファイトビデオに注ぎ込むんだ。
なぜ大枚叩いてお前らキャットファイトメーカーのビデオを買うと思う?
騙されても、騙されても買い続けてると思うんだ?
それはな、お前らキャットファイトメーカーへの信頼と期待の証なんだよ。
さあ答えろ、天国へ生きてえか、地獄へ生きてえか。

(月9「西遊記」より、謙虚なキャットファイトファンの独り言)



http://800-buy-movies.com/GeneralDVD/404143D1_Beach_Bum_Fights_dvd-f.htm
街で見かけた喧嘩のシーンじゃなくて、どこかのビーチで行われたイベントっぽい。
詳細知っている人いないかな。

追伸
「白い巨塔」以来ドラマなんぞ見る気もしなかったが、なぜか「西遊記」だけはしっかりHD録画している今日この頃。
最近テレビから流れてくるさまざまなフレーズをキャットファイトに当てはめることに血道を上げている自分がかなり怖いです。
 
2006年03月06日

巨乳キャットファイト選手権

チャンチャカチャンチャン、チャチャンチャ、チャンチャン
パケ写が良いので、ビデオを買ってみたら、
パケ写のシーンは一つもありませんでした。
チックショー!!

・・・

チャンチャカチャンチャン、チャチャンチャ、チャンチャン
1本1,000円だったので、ビデオを買ってみたら、
昔のビデオの使い回しでした。
チックショー!!

(不明な点があれば「エンタの神様」をご覧あれ)



「女子高生限定(ハート)巨乳キャットファイト選手権!」が発売されるらしい。
http://www.sod.co.jp/
発売前から情報が飛び交っているようですが・・・安いから良いんじゃない。
 
2006年03月05日

女F4

WBC見てました。いろいろありますね。だからスポーツ。

そんなことはおいといて、

http://www.bandao.cn/news_html/200601/20060108/news_20060108_147358.html
http://ent.myrice.com/arts/etxw/etxwgt/1556320.html
http://enjoy.eastday.com/
http://gb.ettoday.com.tw:6060/2006/01/08/340-1891366.htm
http://www.bandao.cn/news_html/200601/20060109/news_20060109_147391.html

台湾のアイドルF4にあやかったのか女性版もあるみたい。
WWEか何かの番組宣伝かな。番宣でもいいから日本でもこんなイベントはできないものか。
 
2006年03月03日

画像映像ひな祭

女の子のお祭りですが、野郎ども向けにいろいろと情報を。

http://www.yourdirtymind.com/mudfight-women.html
"Wet&Messy"ですな。

http://www.nationalmuaythai.com/sport/video.clips.4.cfm
http://www.professionalfighting.com/roma_submission_wrestling_tourna.htm
硬派なところを2件ほど。

http://www.naitai.co.jp/gmc/grav/sp/
風俗ポータルの下部ディレクトリで整理未済のページと思われます。これ以上の展開は無いでしょう。

http://j.1asphost.com/indiancatfights/
何かの情報サイトらしいようですが、内容不詳。調査する気力が湧きませんでした。

http://orphan-annie.slide.com/c/my+night+of+female+wrestling
まじめなトレーニングか単なるイベントかよく分かりません。海外では判別困難なページが時折あるものです。

http://www.souka.org/adgal043/5.html
よくある成人サイトへの導入ページ。リンクの向こうは保証できません。
 
2006年02月22日

世界の格闘技

本来は
http://folk.femfight2006jp.com/
に追記すべき情報かもしれませんが、追加情報の入手が捗りそうに無いので、備忘録としてとりあえずここに。

http://kativik.net/ulluriaq/Nunavik/inuitlife/teenagers/inuitgames/Muskox.html
エスキモーの風習で肩相撲というべきものかな。以前お尻レスリングなんてのも紹介しましたがこれはバラエティー番組でした。

http://www.africanceremonies.com/ceremonies/largephotopages/13surmagirl.html
エチオピアの風習でチャンバラで婿を獲り合うものかと思ったが、どうも違うかもしれない。

http://www.slavewarrior.com/
これは伝統風習というものではなくて、新しいライフスタイルを追求するグループといったところか。

http://members.tripod.com/~ib205/tt69.html
古代エジプトの壁画。少女たちが闘ってるとの説明入りですが、こじつけじゃねえか。

http://www.vroma.org/~bmcmanus/baths.html
古代ローマのピアッツァアルメリーナ遺跡にある壁画。古代ローマにはフィットネスクラブとスパをあわせたような施設が各所にあり、スポーツした後に温泉につかるというような現代人がやっているような娯楽をこの当時すでに行っていたらしい。
男子はレスリングなどもレクリエーションとしてやっていたらしい。女子はジョギングやボール、リボンを使った現在の新体操みたいなのをやっていたらしい。
キャットファイト系サイトの中には「女子もレスリングをやっていたに違いない」との邪推か妄想か分からん意見を書いていたところもあったように記憶している。
 
2006年02月21日

アメリカングラディエーター

キャプテン☆ボンバー : きんにくん ≒ 延彦 : 総統

ちょっと懐かしい感じ。
http://www.agdomain.net/
日本のプロの数十倍のパフォーマンスを見せるアメリカのアマにカルチャーショックを感じました。
 
2006年02月20日

アンケート

ネット投票で1,000回クリック、
ぜんぜん違う作品がリリース、
武勇伝、武勇伝、ぶゆうでん、でん、ででん、でん、Let's Go!!

不規則発言連発で、弊ブログも存亡の危機を迎えそう・・・

「意味は無いけれど、むしゃくしゃしたので、本館で世論調査した」結果について。

この投票はIPアドレス等で重複投票の制限をしていないので、著しく票数が突出したものは除外して評価する方が無難でしょう。採点競技で最高点と最低点は除外するのとやや似た感じかな。
そうするとなんとなく納得できる結果に見えてくるんですよ。

「三度の飯よりキャットファイトが好き」
「敦ちゃん、かっこいいー」

追伸
昨秋、早朝の情報番組でオリラジを知って以来、それまで見向きもしなかった「エンタの神様」をなぜか欠かさず見ている今日この頃。
 
2006年02月17日

女性アスリート

「トリノ五輪、想定外の大苦戦!!」て言うマスコミ。 想定外の大苦戦? はぁ?
開幕前から根拠希薄な下馬評で勝手にハードル上げてただけじゃねえか、このやろう。
カンカンカンカンカンカン〜

酔って候の戯言はおいといて、お口直しを。
キャットファイトとは直接関係無いのですが、
http://sportsillustrated.cnn.com/
世界の女性アスリート達のせくすぃーショットが拝めます。
 
2006年02月15日

バービー人形

人それぞれに奇抜なアイデアをお持ちのようで、でもそのアイデアを見ると皆がそれを一度は考えたことがあるような気もして・・・

http://www.syxxsix6.com/Misc3.html
かつて他にもこのようなサイトがあったような。変則アキバ系?
 
2006年02月14日

洋書

世の中いろいろな作品があるようで。

http://members.jcom.home.ne.jp/thrillerjam/deathmatchindesneyland.htm
どなたか読んだ方はおられませんでしょうか。そもそもインターネットの無い20年前の時代に、これを見つけ出して翻訳してることが奇跡的な気がします。

http://www.trashfiction.co.uk/diary_of_a_female_wrestler.html
http://www.popmatters.com/books/reviews/w/wrestling-party.shtml
こういうのもあって、これらはもはやキャットファイトの分野から離れた作品だと思うんですが、ちょっぴり気になります。でも英語本のままでは・・・
 
2006年02月13日

画像映像感謝祭 如月吉日

新しいX-BOXのテレビコマーシャルでランブルローズのシーンが垣間見えたのは私の幻覚か。

http://krissyvaine.com/media/movies/
トップページは本館にもリンクしてましたが、今はサイト全体が改造中か休業中。

http://www.perfectpeople.net/piclist.php3/cid=pid4121
サイト全体の構造は不明。よく分かりませんでした。

http://www.aldosplace.com/CLIPS.html
サイト全体の内容は不明。アットホームなじゃれ合いです。

http://337799.com/
http://227799.com/
http://447799.com/
悪乗りとは分かりつつも、手控えとしてここに掲載します。
 
2006年02月10日

ちょっと感動 Part 2

訪問客からの問い合わせを取り扱うPut&Call

http://www.femfight2006jp.com/unknown/_qa.php?p=58
イギリスの方からの問い合わせで、
アメリカの方から情報を頂き、
それがドイツのサイトにありました。
仲介したのが日本人。

本館の定期更新が「しょうじきしんどい」状態なのですが、こういうことがあるとやっぱりやめられないんですよね。
サイバーワールドを漂流しているという自己満足。

もっとも「しょうじきしんどい」状態が続いているのに、新たにブログを開設するなど自分で自分の首を絞めているのですが。
 
2006年02月09日

ネット夜話 其の参

キャットファイト・コンシェルジュ、キャットファイト・ソムリエ等の制度を創設してはいかが。誰が資格認定するかで揉めそうですが。

さて本題。今日もキャットファイトとはぜんぜん関係ありません。

ネットサーファーにとって厄介なことを徒然なるままに。

「無意味なフラッシュムービー」
映画の宣伝サイトとかは良いのです。イメージが大事だから。
でも自動車や電化製品とかはどうなのか。スペックや価格を確認したくてサイトを訪問する人の方が圧倒的に多いんじゃないですか。そういう人にとってロード時間が圧倒的に無駄なのですよ。
顧客が何を求めているかをシンプルに考慮して欲しいな。

「ステータスバーのマスク」
JavaScriptでステータスバーをマスクする。リンク先のURLが確認できないじゃないか。
この手のウェブ装飾を善意、悪意、そして何にも考えずにやってる場合があるのですが、善意でやっている人はぜひ自粛して欲しい。

「ポップアップの嵐」
当たり前だ。XPの最新サービスパック以降、随分快適になりました。

「無意味なタグ」
以前にも触れましたが、ほとんどのポータルサイトは重複したスタイルシート等の記述で1ページあたり50KB程度のサイズ。電話回線なら10秒ぐらいロード時間がかかる。
特定のモジュールの位置を数ピクセルずらしたいだけで膨大なIDやCLASSを設定している。
国内最大クラスのポータルサイトでは1日あたり億単位のページビューというアクセスがあるそうです。
ということはテラバイト単位の通信量が消費されるわけで、タグのスリム化でかなりのトラフィックの改善に繋がるというのは陳腐な考え方でしょうか。

「強制リサイズ」
JavaScriptでウインドウサイズを強制的に変更させてしまう。
人それぞれに快適なウインドウの大きさを持っているでしょう。またフォルダや各アプリケーションのデスクトップにおける位置関係も皆さんお気に入りのスタイルをお持ちのはず。
ウェブサイト側のデザインの都合でサイズを変更するのはあまりにも尊大に過ぎます。
 
2006年02月08日

ネット夜話 其の弐

キャットファイトとはぜんぜん関係ありません。

最近ふと夏目漱石先生の「草枕」の冒頭を思い出しました。

 山路を登りながら、こう考えた。
 智に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 とかくに人の世は住みにくい。

これはネットの世界でも言えることではないかと。

 ウェブサイトを彷徨いながら、こう考えた。
 理屈を言い張れば衝突する。
 他人に同調すれば暴走する。
 自論に固執すれば居場所が無くなる。
 サイバーワールドもいろいろあって棲み辛い。

ちょっと無理な解釈が過ぎたかな。
 
2006年02月07日

ネット夜話 其の壱

キャットファイトとは全然関係ありません。

最近海外サイトを歩いていると、"NSFW"という略称によく出くわします。
調べてみると、
"Not Safe For Work"
性的表現、暴力表現を含むコンテンツであることを事前に警告する略称のようです。

意訳すると、
「勤務中はヤバイよ」
もっと意訳すると、
「会社のパソコンのディスプレイにこれが表示されたら、あんたの首が飛ぶよ」

皆様、くれぐれもご注意を。
 
2006年02月06日

韓流@ネット大国

資生堂CM4人娘がキャットファイトトーナメントをやってくれないものか。

いらざる妄想は置いといて、
こことここ。
韓国のサイトに日本のそれもかなり過去のバラエティー番組のクリップ。どこからくわえ込んできたんだ?

韓国サイトを自ら検索しなくなって久しいが、あるポータルサイトを思い出した。
http://searchc.naver.com/

ここらあたりで適宜のキーワードを翻訳して上記サイトで検索してみてください。
http://translate.livedoor.com/

かなり鬱陶しい作業なので、充分な暇と充分な気力が有り余っている時に実行することをお勧めします。
でも、韓国ではいろんなネタが動画化されていることに驚かされますよ。明らかに日本より進んでいる・・・というより悪乗りしすぎているのかな。
 
2006年01月26日

画像映像感謝祭 睦月吉日

いくつか情報を入手しましたので。

http://www.twofaces.cz/foto/fotogalerie050630.htm
http://www.stratis-beva.com/FLOUR%20POWER.htm
http://www.planetxposure.com/?show=search&keywords=Glamour%20Girls%20Fight
http://www.wild1061.com/main.php?p=event_details&id=24
http://www.boudist.com/gallery/jelly-paddo

この中には丹念に閲覧するといろいろ発見できそうなサイトもあるのですが、時間が無いので出来ておりません。お時間があれば熟覧してみてください。
 
2006年01月25日

中華一景

Googleも魂を売ったか。合衆国は民主主義の布教活動をやるんじゃなかったの?
お酒の神が連日降臨して来て、話題が暴走気味。

http://www.4uplay.com/user1/2/05/733.shtml
そのうちにこんなのもお上にご法度にされるのかな。
 
2006年01月24日

映像の20世紀

ヒルズのみなさ〜ん、金稼いでますか〜
お金があれば何でも買える。
お金があれば白さえ切れる。
東京地検にバカヤロ〜〜
逝くぞ〜、1、2、3、堕ぁ〜

(誤字誤植があれば交換します)


危険水位に達したので、トラの尾を踏む前に本題に移ります。

http://cultura.terra.es/cac/articulo/html/cac1109.htm
1920年にスペインで女子レスリング大会が行われたそうな。

http://www.thefilmvault.com/black_related/womenwrestlers.html
これは1946年に撮影されたフィルムの複製を販売しているページのようですな。

http://www.archive.org/details/univNewsGirlWrestlers
1937年に史上初の女子プロタイトルマッチが行われたそうです。貴重なクリップではないかと。

http://www.msnbc.com/news/466460.asp?cp1=1
2000年ネット産業の見本市からアダルト産業が締め出された腹いせに、アダルト産業が見本市の近所で行ったイベントだとか。ラスベガスだったかな。

幾星霜を経ても女闘美への憧憬は尽きぬようで。
 
2006年01月23日

古今東西

歴史の授業を。

http://treefort.net/star/history.asp?cat=6
ノスタルジックでワールドワイドな女闘美の歴史に触れることが出来ます。

http://www.fscclub.com/
こことよく似ているのが気にかかりますが。
 
2006年01月20日

熟慮の末の短慮かも

いろいろ考えたのですが、本館整理のためスポット的な情報をここに移管することにします。

Movie Trailers
Lipstick & Dynamite the movie
Pussy Cats
Secret society
Clips
ClassicWrestling.com
Gorgeous Ladies Of Wrestling
Hot Topics
MTV.com - Roadrules
Stupidisco ( JUNIOR JACK.biz )
Trojan Games
Misc
CatFight
Catfight Game
Jimmy Valiant
Female Submission Wrestling
Best Woman Of Wrestling
Best Woman Of Wrestling

なにとぞ御承引のほどを。

それからこれもいろいろ考えたのですが、出典を遡明できなかったウェブ上の記事を本館に転載しました。名文なのであまりにも惜しいと思いましたので。
http://www.femfight2006jp.com/article/article8j.html
http://www.femfight2006jp.com/article/article9j.html

他意はございませんので、これもまた御承引のほどを。
 
2006年01月19日

英語力が無い

英語のニュース記事から。

http://www.tampabaylive.com/stories/2005/11/051107cheerleaders.shtml
http://www.craveonline.com/sports/stories.php?sid=3066

キャットファイトエヴァさんのところで日本でも記事になっていたことを知りました。
http://catfighteva.livedoor.biz/archives/50172900.html

当初プロフットボールのチアリーダーが飲食店のトイレで障害沙汰を引き起こして逮捕された程度の意味しか分かりませんでした。つくづく英語力が無いなと・・・
 
2006年01月18日

躊躇しましたが

昨年推薦してくれた格闘技ジムのサイト。

http://www.s-keep.net/
黒田エミさんが所属されているので推薦してくれたのかな。マルチに活躍されているようです。
まじめなサイトだけにリンクに躊躇したのですが、ここで紹介させて頂くことにします。
 
2006年01月17日

ヘブライ語

キャットファイトネタじゃないかも。

http://www.geocities.com/wamisrael/
タイトルは「ヘブライ語でのウェットアンドメッシー」。どうでも良いが思想信仰上大丈夫なのか。

「注意」
ロード中に言語パックのインストールの問い合わせダイアログが出てくるかもしれませんが、自己責任で対応してください。私はインストールしませんでした。
 
2006年01月16日

和の風景

気になったページをいくつか。

http://plaza.rakuten.co.jp/asutoiu/diary/200501300000/
真贋定かならずですが、プロットとしては最高かと。実話ならば失敬。

http://www12.ocn.ne.jp/~nacky/ishii/tokugawaonnakizu.html
ドラマ大奥の直近シリーズにも女相撲の場面があったとか。古今東西こんなことを企画する人はいない様でいる様で、いても出来ない様で。

http://van-dan-emon.web.infoseek.co.jp/niiki/200306/200306.html
「キャットファイト」でテキスト検索してみてください。かなりページの下の方にあるはず。人形劇にもこんなシーンがあったとは。
 
2006年01月13日

パンクロック・ゾンビ・カンフー・キャットファイト

今日は何の内容もありません。

http://www.peterbernard.com/przkfcf/
それにしても「パンクロック・ゾンビ・カンフー・キャットファイト」って、どんな映画なんだ。
キワモノ全員集合じゃないか。
 
2006年01月12日

回想

10年以上も前の番組だったんだ。

http://blog.goo.ne.jp/edamame88/e/f61988bd85b5d3649341b2fb7b53edb7
テレビ朝日の深夜番組「プレステージ」で行われたJWPのスタジオマッチ。以前にもちょっと触れたかな。
確かに黙々とプロレスやってましたね。最後の原風景でした。このフレーズも以前に使ったような。デジャブー・・・
ただあの風情を現在に復活させても受けるようには思えません、地味すぎて。個人的には高得点なのですが。
女子プロレス、進退窮まったり・・・ですか。

どうでもいい全然別の噺。
新聞のテレビ欄で見つけた番組「趣味・女子プロに学べ」に一瞬反応してしまった私はやはりどうかしています。どう考えたってゴルフだろう。
 
2006年01月11日

日本の考察

前後の投稿内容が分からないので何とも言えないのですが。

ここ。
概略ですが、
「ここ数年で日本の社会のあらゆる分野で女性の地位が向上したので、SMのようなフェチとみなされてきた女性のエロレスリングは日常よく見られるセクシーエンターテイメントに昇格した」
この解釈で良いのか。それとも私の英語力がダメダメなのか。

http://tousatu.blogspot.com/2004/07/catfighting.html
このページは日本事情と全然関係ないのですが、添付画像がどうも日本製品みたい。一体どこの作品なのか。

各方面の掲示板などで酷評耐えない日本製品ですが、海外からは存外注目されているのかも。
一部の海外の秀作を除き最近の日本製品は海外製品と遜色ないと個人的には思っているんですが。
派手なリアクションとルックスのブロンド姉さんに手玉に取られているところも大きいのではないかと。あえて手玉に取られたいファンもいるでしょうが。
 
2006年01月10日

本来"Put&Call"ですが

出典が分からないが興味深い画像の数々。"Put&Call"で取り上げたいのですが、元々投稿ホームで送られてきたページですのでここで紹介することにします。

http://www.lisahammer.com/filmmaker/behind_totc.html
お芝居か映画ではないかと。19世紀末から20世紀初頭を舞台にしてます。ページ最下部にランジェリーレスリングショウのスナップがあります。

http://barcelona.campusanuncios.com/detempleo-601572176X-Se-necesitan-Barcelona.html
スペインのバルセロナに関連があるのか。スペイン語が分からないので。

http://www.geocities.com/TelevisionCity/Set/7172/cfindex.htm
女優さんをフィーチャーしたサイトの一部。これも詳細不明。

http://www.dance.net/read.html?postid=4458003&replies=3&page=1
何かのフォーラムですが冒頭の画像が出典不明。フォーラムのカテゴリーが"器械体操"であることも謎に拍車をかけております。
 
2006年01月06日

画像映像新春初市 2

いくつかまだありましたので。

http://www.ronanddon.com/misc_details.aspx?MiscID=3
http://anton.turismiweb.ee/05.04.28_Mudwrestling/

http://www.thatnite.com/4images/cat5.htm
ここは会員にならないとフルに閲覧できないかも。いずれにしろ未確認。

http://www.fudol.tv/experience/carma/main.html
他のブログで取り上げられていたものだと思います。日本も進歩して来ました。

http://www.kalakalap.hu/!!!ORSHI!!!/
昨秋からどうしようかと思っていたサイト。
DVD販売のダイレクトEメールがなぜかハンガリーから到着。サンプルを掲載しているサイトのURLが添付されておりました。
「注意」
転送速度が遅いので必ずレジューム機能付のダウンローダーでダウロードすること。すべてダウンロードしたわけではないので断言できませんが、DSL以上でも述べ30時間ぐらいかかるはず。
多分DVD仕様のMPEG-2をそのままアップしたものだと思います。
 
2006年01月05日

画像映像新春初市

年末年始の二日酔いの波状攻撃からようやく抜け出し、いつもの変わらぬ日常を取り戻しつつあります。でもアルコールの残滓は今もなお私の体内を彷徨し続けているようです。

でも松の内に第一弾を。

http://www.bike-weekdaytona.com/cabbage_patch/slawday/match_time/
http://www.personal.psu.edu/staff/i/y/iyP/images/jello/
http://www.lawrence.com/photos/2004/oct/15/
http://guateque.ligres.com/gran_circo_ligre/gran_circo_ligre.htm
イベントのスナップ集。

http://www.ballbustingefetiche.hpg.ig.com.br/Gallery31/Gallery31.htm
ホームを含めてかなり趣を異にするサイトですが。
 
2006年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
かなり酔っ払っておりますので今日はここまで。

2005年12月30日

画像映像歳末大感謝祭

月並みながら本年も押し迫ってまいりました。いろいろ入手したサイト情報をダラダラと・・・

http://www.maxim-magazine.co.uk/maximgirls/celebrities/2826/sexy_girl_catfight.html
http://www.maxim-magazine.co.uk/maximtv/features/2593/sexy_girl_catfight.html
詳しい方ならお気づきでしょうが、本邦でもこんなビデオがあったはず。

ホームは
http://www.maxim-magazine.co.uk/
結構有名な雑誌のウェブ版です。上記の他にもいろいろと楽しめると思います。

http://galleries.worldpartytour.com/fest3/indexf.shtml?891397
このページからのリンク先は確認してません。全然関係ないところに誘われると思いますが。

http://www.gigagalleries.com/us/m/catfight_0.php
http://www.darlina.com/us/p/catfight_0.php
日頃は速攻でスキップしてしまうようなページ。でもリンク先を慎重にトレースすると色々動画等がゲットできますよ。

http://kep.tar.hu/musclebox-20_02759_7/%2050003702#2
ハンガリーのサイトで所謂ビデオ、DVDのパケ写を集めたページかな。サイト全体の構造は不明。上位ディレクトリからこのページへはたどり着けませんでした。

http://www.goldproductions.com/movie.html
90年代日本でも出回っていた泥レスビデオじゃないかな。
http://www.goldproductions.com/
がホームですが、かなり趣を異にしたサイトになっています。

追伸
明日同居人の目を盗んでパソコンに取り付くことが出来れば、新年の挨拶に参ります。
とりあえず皆様、良いお年を。
 
2005年12月22日

こんなのもあるみたい

キャットファイトとはぜんぜん関係ありません。

http://www.nwfwrestling.net/
我闘姑娘の男の子版か?
 
2005年12月21日

話題豊富

ちょっと面白そうなページを。

http://ura.tanteifile.com/channel/2005/04/15_01/
キャットファイト関連のページはここなのですが、

ホームは
http://ura.tanteifile.com/
いろいろマニアックな話題をさくっと紹介してくれています。
 
2005年12月20日

ある日記より

キャットファイトの目撃談。

http://www.digicafe.jp/diary/87870.html
注目点は本文より下段の「話題の似ている日記」。
データベースにキャットファイトというキーワードは無いようだ。女同士で飲みに行った話に繋がっても・・・
 
2005年12月19日

ビンテージ

時々お目にかかるモノクロ写真。

ここ
ペイパービューのアフリエイトサイト。でも写真の中には本当に古いのか、白黒加工したのか分からないものもあります。

http://vintagekink.com/
ここにもあるみたいですけど、成人認証サイトで有料なので確認未済。

http://www.velvethammerburlesque.com/cast02_03/twins.html
こちらはビンテージっぽいが、どうも何かの舞台の紹介みたい。

女闘美の歴史は奥深い。
 
2005年12月16日

ちょっとした感動

Put & Callの中で答えにたどり着きにくいテキストだけの情報。画像なら現物が確定しているのでそのソースにたどり着く場合が多いのですが。

Put & Call - Chapter 47
1ヶ月かけてたどり着いたようです。しかもお探しのビデオクリップがネット上にアップされている模様。おまけにドイツのアーティストのPVらしい。
「NETのチカラ」は恐るべしですな。超能力者の力を借りてませんが。
2005年12月15日

香港映画界も女闘美好き

カンフーも含めると香港映画界も女闘美の宝庫かな。

http://sen1818.exblog.jp/714266
写真を見る限りちゃんとした?キャットファイトの様。

明らかに泥レスのセットなのに、そこでカンフーアクションが始まってしまうサプライズなところが香港映画の香港映画たる所以なのですが。
ところで北京政府へ返還後の香港映画ってどういう感じなんでしょうか。
 
2005年12月14日

史上最大のMixed Fight

一般的には史上最大の夫婦喧嘩ですが・・・

http://www.mr-and-mrs-smith.com/

ここ数日、数ヶ月手抜き記事が続くかも・・・
 
2005年12月13日

画像映像感謝祭 (2)

単発物もありますが、継続訪問した方がよいものもあります。

http://thenewbreed.tv/Images/events/mishka/pitboommud20040617/
http://www.angelfire.com/wv2/catfight/
http://p092.ezboard.com/fcatfightingtothedeath66196frm8
http://www.abareaffair.com/mudwrestling.html
http://www.clubzone.com/photos/gallery455.html
http://fetishrx.com/catfighting_gallery/pages/big_tits_catfigting.html
 
2005年12月12日

画像映像感謝祭 (1)

一向にリンク整理のめどが立たない・・・と嘆いていても仕方が無いので。

大創業泥レス祭の後継版。泥レスばかりじゃないので。

http://content.collegehumor.com/media/movies/gmuboxing.wmv
ダイレクトリンクで申し訳ない。元のページが突き止められませんでした。

http://galleries.asianschoolfuck.com/v025/index.php
キャットファイトとは直接関係ありません。アダルトサイトですが、あらぬサイトへいざなわれる危険性が低いと判断したので。

http://home.cfl.rr.com/buckethead/fmw_27.html

http://www.endzoneshowclub.com/newoilwrestling/index.htm
http://www.endzoneshowclub.com/newsite/videos.html
 

http://www.unc.edu/~splumer/baby%20oil.html
2005年12月05日

サイト推薦急増につき

偶然でしょうが今月に入りサイト推薦が急増。なるべく即応しようと思ったのですが、時間の確保が保証できないので今月中をめどに本館にアップします。推薦された方には申し訳ないのですが。

しかも面白そうなサイトが多く、そこを起点に個人的にネットサーフィンにはまり込んでいる始末。
なにとぞご容赦を。
 
2005年12月04日

ボリビア発いろんなとこへ

ボリビアのある女子レスラーの話。

ここが日本語。

ここが英語。

ネット時代はこういうレアな話題も世界を駆け巡るのですね。
 
2005年12月03日

韓流百景

スマックガールが韓国で開催されたからなのか。なぜかガールは単数形だな。どうでもいいけど。

http://news.naver.com/news/read.php?office_id=020&article_id=0000324045
スマックに出場する(した)選手の記事のようだ。

http://www.radiokorea.com/news/news_view.asp?category=sportsnews&seq=25
日本人選手を破る韓国人選手とか言う記載がある。韓国ではお約束なのかな。

http://news.naver.com/news/read.php?office_id=035&article_id=0000077573
映画「反則王」のことにも触れている。ちょっとだけそういうシーンがあったけど。

http://news.naver.com/news/read.php?office_id=076&article_id=0000016829
大学では女子の間でも格闘技サークルが流行らしい。本当かな。
 
2005年12月02日

掲示板復刻

ローカルファイルを整理していたら、数年前に作成した掲示板のPHPスクリプトが発掘されました。

http://www.femfight2006jp.com/bbs/
せっかくなので画像つき掲示板として本館に復刻。

サイトの告知などご活用くだされ。
 
2005年12月01日

もしかして

女闘美Xを配信するYahoo動画。

http://streaming.yahoo.co.jp/program?k=hpss11112
現在DVD版には収録されなかった試合が配信されているのかも・・・ 発売当初ちょこっとだけ物議をかもした・・・ 間違ってたらごめんなさい。
 
2005年11月30日

電視百景

テレビを見ていてグダグタ思いついたことを・・・

Qさま
青木さやかのアイドルハンターという企画。なぜもう一歩踏み込まないんだ? 昨日もこのフレーズ使ったな。

格闘美神 武龍?
真夜中のザッピング中に遭遇。他のブログでフィーチャーしていたような気が・・・
深夜番組でかつアニメとはいえテレビ局の編成部門がGOサインを出すのだからこの手の嗜好は受容されているのだろう。これ以外でもこの手のアニメの放映情報を目にする。
実写の企画がなぜ通らないのだ。

事件レポーター
日頃めったに見ることの無いワイドショー。たまたま見ていたら女闘美X(現アイドルコロシアム)の司会者が何かの事件のレポートをやっているじゃないか。多分そうだと思う。
名の通ったアイドルも出場しているし、アイドルコロシアムは侮れないかも。

牧場しぼり
http://www.glico.co.jp/ice/cm/index_bs.htm
「よい牛乳を出すために鍛錬を怠らない」などというナレーションが入っているが、当然乳牛は雌牛だよね。
だめだ。妄想は千里を奔る。

ハッスルレディー
給与明細という番組でやっていたな。Mixedファイトレディーだな。もう1年以上前のことかな。後日談は無いのかな。

(敬称略)

2005年11月29日

お尻レスリング

ネットでも老舗?の宝島城。

http://www.nifty.com/takarajima/
お尻レスリングって・・・ なぜもう一歩踏み込まないんだ? ホームランに出来るボールがファールチップじゃないか。
 
2005年11月28日

フィギアスポーツ

全くキャットファイトと関係ありません。
オールアバウトの記事から。

http://allabout.co.jp/sports/k1/closeup/CU20040927A/
プロレスを採点競技的なるものに位置づけることに甚く共感。
でもスポーツの区分けは本論の導入部に過ぎません。本論にも甚く共感しています。
 
2005年11月27日

ルチャ・エスパニョーラ

スペイン語サイトを4件ほど。

http://www.revistagq.com/ronbarcelo/rad77bb8.shtml
スペインでは泥レスのナショナルチャンピョンシップがあるらしい。本当か。

http://www.idlehours.ca/video.html
メキシコのショープロレスの動画が数件。

http://www.telesurf.com.py/inocentesculpables/videos/index.php
モデルさんの控え室での悪戯かな。なぜLuchaなのかはよく分からない。

http://www.ripe-espectaculos.com/reportages/luta_lama/index.php
クラブの泥レスかな。詳細不明。
 
2005年11月26日

女闘美のある風景

とあるブログの記事。

http://d.hatena.ne.jp/place_k/20040912
意外と遭遇体験というのはあるものなんですね。
 
2005年11月23日

贅沢な図書室

小説サイト。完全読了後と思ったのですが、時間も十分に取れそうに無いので本日紹介します。

http://members.aol.com/Nagasawa2h/tz/mypage/
http://www.chibiayu-taiyaki.com/ss/other/rr/
http://kitsune.sakura.ne.jp/HureChise/pfs/
http://bbs.bookstudio.com/author/10020/10119/contents.htm
http://www.yuzuriha.sakura.ne.jp/~mansac/kuppuku/mesurryo01.htm
http://page.freett.com/akahosi/yomi03/tatakai3.htm
いずれも秀逸。お試しあれ。
 
2005年11月19日

韓流 2

再び韓国サイト。

http://blog.naver.com/cdkiller/80004999875
多分モデルさんのスチル写真でしょう。

日本も負けずに、
http://blog.naver.com/tmdals9254/120016476345
でも、これも韓国サイトなんですよね。それにしてもどこから入手んだんだろう?
 
2005年11月18日

DWWは何かとすごい

月初より約2週間、Put&Callがらみで東奔西走の感がありましたが、今週に入り沈静化して逆に脱力感。東奔西走といってもパソコンの画面を見ながらクリックやタイプしまくるだけの話ですが。
とりあえず次回の本館更新は来週祝日をめどに。

閑話休題。
先日RSSリーダーの使い方を知り、そのすごさを礼賛したのですが、XML技術を3, 4年前から活用している製作会社があったんですよね。他ならぬDWWです。
当時XMLなど全然無知で、RSS用URLをクリックしても訳の分からんタグが出てくるだけ。全く忘れ去ってしまっていたのですが、最近再発見して驚いております。
個人的な贔屓目かと思いますが、DWWは何かと顧客の目線に立った情報提供をしていると感じる次第です。
2005年11月14日

韓流

儒教倫理がしっかりしているといわれる朝鮮半島ですが。

ここ
お正月特番。女子アナ女相撲大会といったところでしょうか。

そしてここ
プールでのイベント。

お暇があれば翻訳サイトで日本語化してみてください。

キャットファイト文化では韓国の方が進んでるのか。
 
2005年11月13日

目がマジ

本館を見ていただければ分かると思うのですが、私の欲求は「女の子同士が取っ組み合っている図」だけで満たされます。
それでも「この作品は可」「この作品は否」という分別を無意識にしてしまっているのですよね。それでそのポーターは何かを自問してみました。

どうも「目がマジ」が分岐点ではないかと。
技量の巧拙はもちろん不問、フェイクでもかまわない。「目がマジ」であれば。

ただ「目がマジ」ということは「目をマジに装っている」ということではありません。
試合前のインタビューは威勢が良いのに、本編がぐだぐだという作品には唾棄すべき存在という最も非礼な表現を持ち出したくなります。

サプライズが欲しいのですよ。前述のような逆サプライズ作品は論外として、現在のジョシカクや女子プロのように「そりゃそうだわな」ではだめなのです。
試合前へらへら笑っていたのに、試合が始まると目つきが変わる。DWWが私の好みなのもそこらあたりにあるのかもしれません。
 
2005年11月12日

荒城の月

タイトルが失礼かもしれませんが。

http://www.geocities.com/punchthekitty/wrestle2.htm
http://www.angelfire.com/md/catfights/bw.html
サイト転居時の残置ファイルかと思われます。

http://www.geocities.com/Colosseum/Bleachers/6732/
ここはかつて多数の情報を置く大きなサイトだったような気がするのですが。

でもこういうページから結構掘出物が見つかるのですよ。
 
2005年11月11日

"Female Fight Fan"という存在

大したものじゃありません。忘れ去ってしまっていた本館運営にまつわる雑事を最近ふと思い出したので、それを書き留めておこうという極めて個人的なものです。

なぜサイトを立ち上げたのか
個人的なインターネット黎明期、多数のリンクをHTML文書に記録してローカルに保管していたのです。
ローカルにのみ保存しておくのも勿体無いなと思っていました。
そんな中、米国の"Yahoo Group"にアクセスするため米国Yahooのアカウントを取得したところ、15MBの無料ホームページが漏れなくついてくるとのこと。今となっては結構しょぼいサービスですけど。
「とりあえずここへ放り込んでおけ」と思ったのが本館の始まりです。
その後米国Yahooの口車?に乗せられドメイン取得、GB単位の転送量・ストレージ確保などエスカレートの一途をたどっております。でも一ヶ月2,000円程度の出費なのですけど・・・タバコ代の方がよっぽど高い。

ドメイン名の決定
"skyline 2000 GT"
"femfight 2000 JP"
似ているでしょ。全然違うか。

英語サイトなわけ
当時文字セット(SHIFT-JIS, UTF-8とか)の知識が全く無く、前述のHTML文書作成にあたり文字化けに苦しんでいました。「文字化け」という言葉すら知らなかったと記憶しております。
そのためもともとローカルにはローマ字ですべて保存しておいたわけで、米国Yahooということもありなしくずし的に英語サイトになっちゃいました。

なぜ"Female Fight Fan"なのか
「女闘美」を単に直訳、いや意訳したのです。
女 = Female
闘 = Fight
美 = Fan (めでる、いつくしむ)
頭文字"F"三連発の語呂合わせではありません。

"Times New Roman"にこだわり
英字フォントは"Times New Roman"を指定しています。英字系の明朝体ですね。
IE4までのデフォルトフォントだったのですが、IE5以降OS標準のUIゴシックがデフォルトになっちゃってビジュアル的に殺風景になりそうだったのであえて指定しました。
副作用として日本語表示が殺風景になってしまうのですけどね。

ダウンサイジング
本館運営で一番こだわっているのはタグの簡略化。テキストファイルであるHTML文書の文字数削減なのです。
最近のポータルサイトを見るとスタイルシートでテキストの色や大きさを一括指定していているくせに1ページ当り50KBぐらいのサイズ。無駄なDIV, SPANタグが多すぎるのですよ。デザイナーの尊大さを感じずには入られません。弊ブログのホストも同じ事をしているのですが。
最近はDSL以上が多数派なのであまり問題にならないのでしょうが、電話線でアクセスしている人は文字を表示するだけで最速でも10秒ぐらいかかってしまう計算になるわけです。
さらに無意味なFlashムービーなど見せられたらたまったものじゃない。
通信速度の進化をこんなものに浪費するのは文明にとってあまりにも非生産的だと私は強く主張したい。
本館は単なる通過サイトだと自覚しているので、特にアクセシビリティーには気を使っているつもりです。
でもギャラリー系ページはご容赦いただきたい。画像ファイルには手のほどこしようが無いので。それでもJPEGは画質調整などしているのですよ。

訪問者のアイデアが8割
雑文を除けば本館内の大半のコンテンツはお客様からのアイデアに端を発しています。
学生時代のベーシックを始発駅に、ウェブデザインやら、日曜大工的スクリプト作成はそれなりに通過しているのですが、なにしろコンテンツの元となるアイデアが私には無い。右脳が弱いのですね。
メールで何気なく投げてくれたボールを球種も見極めずに打ち返し続けた結果が現在の本館です。
 
2005年11月10日

大創業泥レス祭 (5)

情報メールの整理もやや目途がついたので、先月来たまっていたURLを。

http://www.gotoclips.com/wrestling-chicks/
http://www.stagbratislava.com/11392
http://skydiveatlantapix.com/thumbnails.php?album=21
http://www.stupidnakedpeople.com/medias.php?media_id=7&mode=viewmedia&id=181
http://freepornstarpix.com/ksexgames2005/
http://www.female-hygiene.com/samples/z72/
http://www.thebucketheadshow.com/fmw.html

本館からの移植や、いろんなサイトで使い回されている物が色々あり、そもそも泥レスでないものもたくさんんありますが・・・
 
2005年11月08日

千客万来、感謝感激

現在は訪問客の「探し物」を取り扱っている"Put & Call"。
前回更新後、今度は情報メールの洪水で溺死寸前、うれしい悲鳴を上げております。

今から冷静に考えると調査方法がいくらでもあったような気がするのですが、問い合わせ時アマゾンIMDB等データベースが十分に整理されていなかったような気もしますし、いずれにしても情報を寄せていただいた方には感謝感謝です。
 
2005年11月03日

好循環連鎖

現在は訪問客の「探し物」を取り扱っている"Put & Call"。
先週1問解決しただけで大量の「探し物」の依頼が舞い込んじゃいました。
半年以上音沙汰なしだったのに・・・

未解決在庫が膨らみそうなので何かご存知の方は何卒愛の手を。
 
2005年11月02日

ビーチレスリング

アメリカで行われたビーチレスリング大会の模様。

http://www.amateurwrestlingphotos.com/international/beachwrestling05/index.htm
21ページもあるので気長にブラウズしてください。
それにしても何か日本のそれと雰囲気が違うんですよね。写真からの印象だけでそう思うのかな。でも何か・・・

ホームは
http://www.amateurwrestlingphotos.com/
結構有名なアマレスフォトアーカイブサイトです。
 
2005年11月01日

ギミック

エイプリルフールなウェブ記事が問題になってますが。実在の報道機関やポータルサイトを使用するのはどう見ても反則でしょうね。

再録
ちょっと面白いので紹介してみました。教科書に袋綴じもありかな。向学心も沸くというもの。
 
2005年10月31日

「画像掲示板もどき」

「画像掲示板もどき」を作ってみました。

10月21日付で触れたホスティングのアップグレードの副産物としてPHPスクリプトを利用できるようになりました。
復刻版投票システム(こことここ)を作ったりして自己満足げに遊んでます。画像ページの一括処理など微妙に変化していることにお気づきの方もおられるかも。

そんな中、PHPリファレンスサイトをぼんやりながめているとサーバーサイドで画像データを加工できる関数を発見。試作品を作ってみました。

本館にもいずれリンクしますが多分本格運用にはならないでしょう。サーバーにどれぐらい負荷がかかるかとか、ブラウザーの表示遅延とかが発生しないか試してみるつもりです。

みなさま、お時間がございましたら閲覧なりアップロードなりしてみてください。
 
2005年10月25日

赤裸女子泥地レスリング大会

中国の記事。

1つ、2つ、3つ。
いずれも同一ソースだと思われる。どこで行われたかなど詳細はよく分からない。
でも中国人民がこのニュースに接してどう思うかについては興味津々。
 
2005年10月24日

Wrestling ≒ 好色

10月3日付記事の補足かな。

http://www.sportspickle.com/features/volume3/2004-0825-wrestling.html
この記事によればアメリカでは野郎どもが友人宅に集まって、アテネ五輪の女子レスリング中継を心待ちにしていたようだ。泥レス観戦気分でね。裏切られた???

http://www.thefacts.com/story.lasso?wcd=12644
こちらはまじめな記事で、女子Wrestlingはビキニを着たお姉ちゃんが泥まみれで大騒ぎをすることじゃないと説いている。シビアでハードなスポーツなんだと。御意。

http://www.pitch.com/issues/2004-07-22/niteday3.html
でもアメリカの女子ラグビーチームは資金集めに泥レスイベントを開催している。
学費集めに泥レスイベントを行う学生サークルもあるとか。

いったいアメリカではWrestlingという単語をどう捕らえているのかますます分からなくなっちゃいました。
 
2005年10月23日

知らぬ間に

PS2用ソフトでそのものずばりの「THEキャットファイト女猫伝説」をリリースした「SIMPLE2000シリーズ」。

http://www.d3p.co.jp/s_20/s20_g.html
気がつけばcatfightyなゲームが乱発されてるんじゃないか。
PS2なんぞ持ってないし、持っていてもプレイする時間もないので個人的にはどうでもいいのですけど。
 
2005年10月21日

特盛ホスティングサービス

「米国産牛肉輸入再開」という話題ではありません、勿論。
昨日トラフィック対策云々について触れました。本館は米国Yahooのサービスを利用しており、1週間前に転送量増強のためにサービスのアップグレードをしたんです。
たとえるなら並盛を大盛にしたようなものです。
ところが2,3日前にYahooはサービス体系全体を衣替えしたんてすわ。転送量が約5倍、ストレージが約3倍。
大盛注文したら特盛3杯出てきたという感じです。
ウェブホスティングビジネスも競争が激しいんですね。

この有り余った転送量とストレージをどうしようか思案中です。
何かアイデアがあれば教えてください。セキュリティーの関係で何でもありというわけにはいきませんが。
 
2005年10月20日

速ホウ 新サイト

キャットファイトエヴァさんのところで紹介されていた新サイト。

キャキャキャ、キャットファイト
情報収集力に感服仕りました。本館はトラフィック対策の作業等で今週末の更新に間に合いそうにないので、取り急ぎ弊ブログにて紹介しました。

どうでもいいことですが今回はRSSリーダーの威力を思い知らされました。最近やっとその使い方を理解できるようになり、週に2、3回それなりの時間をかけて巡回していたブログや掲示板が一瞬で手許に引き寄せられる様になりました。その結果いち早くこの情報を入手できたわけで、XML技術恐るべしです。

追伸
それから今後私のハンドルネームを「中の人」にします。キャットファイトエヴァさんが時折お使いになるのがどうも気に入っちゃって。
仲埜仁なんて売れないホストみたいなもじり方はしません。
中の人」でいきます。
 
2005年10月19日

マカロニキャットファイト

タイトルが昭和元禄で申し訳ない。昭和元禄という言葉も歴史教科書の用語だな。山川出版社がんばれ。扶桑社まけるな。

冒頭から意味不明ですが、単なるイタリア製のAV作品・・・と思われる。
ここ。
いろいろ調べてみたんですが、何しろイタリア語ですのであえなく挫折。
弊ブログを訪問中の方で、イタリア語のわかるお医者様はいらっしゃいませんか。お医者様でなくてもいいですけど。
 
2005年10月18日

中国式レスリングショー

中国のとあるイベント会社のウェブサイト。

http://www.sz-yanyi.com/wenyi.htm
大きなサイズの画像を直張りしているのでかなり重たい。原因は違うが中国サイトは重いところが多い。転送キャパが限られてるのにJAVAやFLASHなどのモジュール使いすぎ。

それはさておき、成長著しい中国、ついにお座敷プロレス上陸か。

ちなみにホームは
http://www.sz-yanyi.com/
 
2005年10月17日

見る影もない

この人、何年か前にボクシングの試合をしたような記憶があるのですが。相手はモニカ・ルインスキー?

http://www.pankura.org/archives/002033.php
劇的ビフォーアフター。意味が逆だろ。
 
2005年10月16日

まぎらわしい

とあるネットニュースで見つけたアメーバブログでのひとつの企画。

http://ameblo.jp/planningoffice-2/
紛らわしい。アクセスランキング企画じゃないか。
こんなことで条件反射を起こす自分が悲しい。
 
2005年10月15日

フランスの動画アーカイブ

だと思います。

http://www.choc.fr/videos.php?rub=9
ビーチでレスリングらしきものをしているビデオが掲載されています。

ホームは
http://www.choc.fr/
多分キャットファイトがらみの動画は本件ぐらいだと思いますが、お暇があればブラウズしてみてください。サイトの雰囲気もよさそうだし。
 
2005年10月14日

日中韓合同

とある画像掲示板集。日中韓三ヶ国語対応。文字セットがUnicodeだというだけなんだけど。

http://www.asian-image.info/
弊ブログに関連するのは格闘技板。
ほとんどは男子格闘技のスナップなんだけど、少しだけ面白い画像もアップされてますよ。
お暇があれば気長にブラウズしてください。
 
2005年10月09日

ご迷惑をおかけします

ただいま本館はデータ転送量超過のため閲覧停止中です。
日本時間の10月14日(金)の午前中に復旧予定です。
 
2005年10月08日

SOD グランド キャットファイトGP

観ました。

「打撃技、関節技、ましてやプロレス技なんぞ無用」という方にはお勧め。
プレーンタイプのキャットファイトです。

「ごく普通の女の子たちがひたすら取っ組み合っている」というシンプルな条件に絞れば、国内最高水準の作品であることは言を俟ちません。

ただコスチュームについては議論の対象になるでしょう。
作風を考えるとビキニ等の水着は違和感がある。普段着の方が断然良いような気がします。
それでふと思いついたのですが、ランジェリーはどうでしょうか。AV作品として折り合いをつけるためにもいいんじゃないかな。かなり強引な論理ですが。
もちろんロケーションが変われば条件は変わってくると思います。

海外作品で常套化しているランジェリーは国内作品では意外と重用されていないんですよね。
作品制作に当たっていろいろ条件があるのかもしれません。まあただの思い付きです。

調子に乗って支離滅裂な我儘を言えば、
「"剥ぎ取りルール"は不要だが、"剥ぎ取り行為"はあった方が良い」
キャットファイトファンは救いようのない自己中心的な者が多いんです。私だけかな。

それから作品全体を通して編集、調整などの恣意性は感じられますが、それを語るのはあまりにも無粋なので差し控えます。
ディズニーランドへ行って「ミッキーマウスは着ぐるみだ」と喚き散らしているのと同じですから。

ご参考
http://www.sod.co.jp/cgi-bin/kakutou/trees.cgi
 
2005年10月07日

こりゃなんだ?

とある動画アーカイブより。

http://www.wimp.com/purse/
どこかの掲示板でこのリンクを発見。
画面のテロップからも日本製は間違いないのだが、何の映像だか皆目わからない。
でもこの映像の製作者はセンスありますね。

ちなみにホームは
http://www.wimp.com/
本館にもリンクしてます。
 
2005年10月06日

順列組合せ

あるサイトへの誘導ページ。

http://www.freshmpegs.net/wrestling/10_02/gallery78.html
ここへ皆さんをいざなうためのページです。よくありますよね。

このページにリンクされている動画のURLに多くの数字が含まれています。
この数字の組合せを色々変えると色々別の動画をダウンロードできるみたい。
面倒くさいので全部はやってませんが、お暇があればダウンローダーなどを使ってお試しください。
大した動画じゃないようですけどね。
 
2005年10月05日

ビーチSUMO

9月4日に西日本でオンエアされた「ビーチSUMO」という番組を1ヶ月遅れで観ました。
遅れた理由は聞かないでね。

7月23日付の記事でウエイト別の階級分けについて言及しましたが、やはり重量級に有利だったかな。
しかし参加選手のウエイトとエイジがうまくバランスされていたので、それはそれなりに面白い地上波番組として完成されていたと思います。

さらにまじめな話をすれば、やはり階級分けは行った方がよかったのではないかと言う印象も受けました。
軽量級でハイレベルなアスリートが参加していたので、彼女たちの活躍がもっと見られれば、さらにエキサイティングな地上波番組になったと思うのです。

言っても詮無い事ですが、どうしても重量級だと、
「1歩、2歩、3歩・・・、勝負あり」
ということになってしまうので、エキサイティングさを求めるなら軽量級の配分を高める方が得策だろうと思う次第です。

なんか大相撲に対する提言みたいになっちゃいましたね。
 
2005年10月04日

同感

ある記事より。

http://www.sokusai.com/others/konna_sp.html
弊ブログに関連するのは女子格闘技のくだりですが、内容すべてが面白かったので紹介します。
 
2005年10月03日

なんかよくわかりませんが (3)

アメリカのニュースかコラム。

http://www.ridiculopathy.com/news_detail.php?id=1144
アテネ五輪の女子レスリングはそんなにホットじゃなかったという記事。
でも添付写真は明らかにプロレスの1シーンなんですよね。
アメリカでは"Wrestling"という単語は恒常的に好色的な意味を包含しているんですかね。
サーチエンジンでの検索結果でもそういうサイトの方が上位にヒットしてますし・・・
 
2005年10月02日

なんかよくわかりませんが (2)

イタリア語のニュースかコラム・・・だと思います。

http://clarence.supereva.com/contents/tabu/speciali/021119catfight/
http://clarence.supereva.com/contents/sport/speciali/991108lotta/
翻訳サイトで翻訳したんですが詳細まではちょっと・・・
ただ女性の格闘技に関する議論のようです。
イタリア語に堪能な方がいればお助けください。
 
2005年10月01日

なんかよくわかりませんが (1)

いろいろブラウズしてみたがよくわからないページ。

http://silver.ap.teacup.com/idu3/78.html
何かの歌詞をもじったものかな。
内容が面白かったので紹介しました。